iPhoneのボタン修理にかかる金額とは?

iPhone修理にかかる費用とはどれくらいなのか?故障によって金額は変わる? - iPhoneのボタン修理にかかる費用について

iPhoneのボタン修理にかかる費用について

ukfyukdあなたはiPhoneを使っていて、ホームボタンや電源ボタンなどのあらゆるボタンが陥没したり、押しても反応しないという状況になったことはありませんか。
普段はどのボタンもあまり意識して使うことはないと思いますが、実際に自分の身にこのボタンが押せないということが起きるととても不便な思いをします。
実際にiPhoneが固まってしまったときなどは電源ボタンを押して、強制終了することで解決することができますが、電源ボタンが反応しない場合はそれさえもできなく、とてもストレスになります。
そこでそのiPhone修理の対処法と費用について紹介します。

充電器の差し込み口の故障

よくホームボタンが壊れるのは、使っているうちに仕方なく劣化でなってしまうと思っている人が多いですが、実際にはこの充電器の差し込み口が故障することでホームボタンが反応しなくなります。
この場合は費用としておおよそ5,000円から8,000円ほどかかります。

ホコリや砂が入って反応しづらくなっている

端末の隙間やボタンの隙間からホコリや汚れが入ってしまうことで基盤との接触部分に不具合が出てしまうケースです。
こちらの場合は特に部品を交換する必要もなく、どこも破損していなければ基本的にクリーニングだけで復旧できるためおおよそ3,000円で改善することができます。

ホームボタンフレックスケーブルの故障

ホームボタンフレックスケーブルの故障している場合がもっとも多いホームボタンの故障の原因です。
実際にこの症状の人はボタンさえ変えてしまえば、良いと思っている人が多いですが、そのボタンではなく、そのボタンの下にあるケーブルが破損してしまっていることがほとんどです。
もし自分のiPhoneは自分で修理したいという人がいれば、今の時代インターネットでありとあらゆる情報が出てくるため、正攻法とは言わなくても、確実な方法を見つけ出すことは可能です。
そこで今回は自分でiPhone修理をすることの大変さリスクについて説明します。

分解・組み立ては簡単かもしれないが、動作するかどうかはまた別問題ということ

iPhoneはとても精密にできており、基盤の形やコードの長さなどどれをとってみても無駄が一つもありません。
それほど無駄のない作りの中、素人の自分が修理をすることは少し安易だと感じるかもしれません。

自分で修理する人が多いのはフロントパネルと呼ばれる画面の部分

こちらは液晶とガラスデジタイザが一体化しており、これのどれか一つに問題があっても動作することはできません。
タッチパネルの部分であるデジタイザは非常に柔らかく、取り付けの際に間違って切ってしまうことがあります。
しかもデジタイザを切ってしまっても、起動することだけはできるため、気付かない人が多いようです。
起動はできても、タッチパネルとしては反応しないため実際は使えません。

自分で修理のすることのリスク

gtrrwa
あなたがよほどの専門家でない限り、どのパーツが重要でどのパーツがなくても大丈夫なのかは理解できないと思います。
その状態で修理にトライをし、もし万が一部品を失ってしまった場合、修理ができなくなってしまう恐れがあり、業者に依頼をすると当初の予定よりも高くついてしまい、こんなことなら初めから自分でなんてやらなきゃよかったとなりかねません。

以上のように、自分でiPhone修理を行うということ非常に大変ですが、コストを抑えることができる反面、失敗のリスクは大きいということを理解しておいてくださいね。

iPhone修理について・・・iPhone修理のモバイルフォンプロテクター「モバプロ」≪http://mobilephoneprotector.jp/≫

更新情報

ページ上に戻る